足つぼ

足つぼの基本的な注意点
足つぼの効果的なマッサージの仕方
足つぼの探し方のポイント

足つぼの辞典

足つぼの歴史

足についての雑学

当サイトについて

当サイトは足つぼの専門サイトです。足つぼ情報の総合サイトです。足の痛みの箇所から体の悪い部分を知る方法や、全身つぼを検索するシステムなどを提供しております。

健康管理のひとつの方法として、これからも足つぼマッサージの文化を広げるために頑張っていきたいと思います。

足つぼマッサージ健康法   管理人



 

足つぼの効果的なマッサージの仕方

椅子でも床でもよいので、まずは安定した場所を確保してください。

もむ時は手足の滑りを良くするた為、天然植物系のオイルかクリームを塗り、足の皮膚を守ってください。

最初は軽い刺激から始め、徐々に強い刺激に変えてゆき、 押す時に息を吐くようにしてください。

マッサージ棒=プラスチック製や木製の指圧棒があれば、つぼの深い時に上手く押せます。

風呂上がりの血液循環がよい時が効果的なのは理解できると思うので、出来れば足だけでも温めてから始めてください。

マッサージは両足まんべんなく、足全体を軽く揉み、指を一本ずつから指のわきや指の股、足の指の付け根をしっかり揉んで下さい。

痛みを感じる所(乳酸や尿酸などの老廃物の塊)は悪い部分なので重点的に揉みほぐすようにしてください。

足の甲・くるぶし・足の側面全体を揉む→すねの外側を下から膝に向かって揉む→膝裏をしっかり揉む(老廃物の排出が盛んになる)→足の付け根のリンパ節を揉むという感じで刺激を与えてください。

注意点にも書きましたが、デトックス効果を高める腎臓・輸尿管・膀胱・尿道の各ゾーンは必ず揉んでください。

片足ずつマッサージする為、やっていない方の足や揉み終わった後の足を冷やさないようにしてください。

一回の治療を片足15分を目安に毎日、続ける事。毎日やることによって少しずつ改善するので、あせらないで良い生活習慣として取り入れ、続けてみてください。

参考までに…

①疲労しやすい箇所のつぼ押し   首・肩・背中・腰

②排泄ゾーンのつぼ押し       副腎・腎臓・尿管・膀胱

③ゆびにある頭部のつぼ押し    脳・目・耳

④甲の腱ほぐしのつぼ押し      気管支・横隔膜・リンパ

⑤足裏のつぼ押し            肺・心臓・肝臓・腸

⑥土踏まずのつぼ押し        胃・十二指腸・脾臓

 

特に①、②は必ず毎日やる習慣をつけて下さい。

リラックスする時間を意識して持つ事。

汗をかいて代謝を良くする事。

きちんとした生活リズムを守る事、等も同時に考えて下さい。

次へ>>

 

Copyright 足つぼマッサージ健康法