足つぼ

足つぼの基本的な注意点
足つぼの効果的なマッサージの仕方
足つぼの探し方のポイント

足つぼの辞典

足つぼの歴史

足についての雑学

当サイトについて

当サイトは足つぼの専門サイトです。足つぼ情報の総合サイトです。足の痛みの箇所から体の悪い部分を知る方法や、全身つぼを検索するシステムなどを提供しております。

健康管理のひとつの方法として、これからも足つぼマッサージの文化を広げるために頑張っていきたいと思います。

足つぼマッサージ健康法   管理人



 

足つぼの療法の歴史

足つぼマッサージ健康法という考え方は… 紀元前2500年頃のエジプトの壁画にも残っていて、古代インドの伝承医学「アーユル・ヴェーダ」の中にも足もみの治療法が残されています。

 

そして今から2000年以上も前の中医学の文献の中で、中国最古の「漢書の」の中の黄帝と六人の医師がまとめた「黄帝内経」の中に、足の裏から診断し治療する方法をまとめた物として「観趾法」というのが有ります。 経絡などを考慮して、この中医学が主流ではないけれども、足つぼマッサージ健康法の基本を完成させたと言えます。

中国にある「観趾法」は「痛法」と呼ばれるほど、身体の悪い部分を揉むと激しく痛み、 まず尿に変化が出て、強烈な臭いとドロリとした感じで、長年溜まった体内の毒素が排泄されていきます。

 

足つぼマッサージ健康法は、アメリカインディアンの療法の中にもありましたが、第二次世界大戦の頃、ドイツから来た看護士が「足つぼマッサージ」を行っているのを知り、その技術をドイツに持ち帰ることからヨーロッパ諸国やアメリカに普及しました。

 

その後、アメリカのイングハム女史により、足の裏に人体の臓器を当てはめ、指で押していくという「足の反射療法」が確率され、さらにドイツのマルカート女史は1974年に「Reflexzon carbeit amFuB」(足の反射療法)を出版して話題を呼びました。

 

ヨーロッパの国々では医療として科学的に証明されており、ドイツやオーストリアなど保険の対象になる国も多くあります。

 

さらに古来中国より行われていた足裏への刺激を、アメリカで始まったリフレクソロジー「REFLEX(反射)とOLOGY(学や論の意味を表す名詞を作る接尾語)を合わせた造語であるとの説が有力。」を組合せ、現代医学の解剖・生理と関連づけて体系化した台湾式リフレクソロジーなどがあります。

次へ>>

 

Copyright 足つぼマッサージ健康法