足つぼ

足つぼの基本的な注意点
足つぼの効果的なマッサージの仕方
足つぼの探し方のポイント

足つぼの辞典

足つぼの歴史

足についての雑学

当サイトについて

当サイトは足つぼの専門サイトです。足つぼ情報の総合サイトです。足の痛みの箇所から体の悪い部分を知る方法や、全身つぼを検索するシステムなどを提供しております。

健康管理のひとつの方法として、これからも足つぼマッサージの文化を広げるために頑張っていきたいと思います。

足つぼマッサージ健康法   管理人



 

足についての雑学

日本の湿度の高い気候、日本人の幅広甲高に合わない靴文化、本来は草履か下駄が足の為には良いと考えられます。

しかし現代社会の現実を考えると、そうばかりは言っていられないので、足つぼマッサージ健康法の習慣をつける事で少しでも健康な生活を送れるようにして下さい。

家にいて、時間のある時は裸足になる習慣を。

ここでよくある、3パターンの足の問題の対処法

「むくんだ足の対処法」

誰にでもよくある、立ち仕事が長く続いたり、デスクワークが長く続いた場合、どうしても水分の代謝が悪く、皮下脂肪に余分な水分が滞ってしまう状態の足のむくみには、足首から膝までを下から上にマッサージし、リンパゾーンにに刺激を。 普段から、海藻やミネラル豊富な食材を取るようにして下さい。

「疲れた足の対処法」

尿酸などの筋肉に疲労物質がたまり、血行が悪くなった時は、ふくらはぎを丁寧に揉んで、足裏全体をよく揉んで下さい。普段から、洗面に青竹踏みを置いたり、椅子に座ってゴルフボールを足裏で転がすのも効果あります。

「冷たい足の対処法」

冬でも夏のクーラーでも、足が冷えてよい事は何もありません。 自律神経の乱れ等もありますが、まず、足浴をして血行をよくする事を考えて下さい。

足浴は37℃~39℃のぬるめのお湯に30分ぐらいが目安です。

 

さらに足裏全体をよくマッサージして下さい。

足首を回すストレッチ等も効果があります。

よく老化は足からやってくると言われますが、歩くことが基本。 歩くことが不自由になると極端に体調に問題が出てきます。 多分、身体全体の血行の問題と考えられますが、それほど足のポンプの役目は大切という事です。

よく、足の裏は「第2の心臓」と言われていますが、 人間は立って生活する事により、一番低い位置にある手や足は血液が溜まりやすくなります。

さらに心臓のポンプだけでは、遠い毛細血管にうまく循環する事が難しくなります。

そこで手や足の静脈の中にある弁が筋肉を動かす事により、血液を心臓に向かって押し出してゆきます。

特にふくらはぎや太ももは大きな力を生み出し、心臓から遠い足裏をマッサージする事により老廃物の蓄積を防ぎます。

足の筋肉をよく動かす事、歩く事の大切さがわかってもらえると思います。

 

さらに、全身のつぼが体の各臓器ともつながっていて、足つぼの具合で体の悪い部分を調べることも、足つぼマッサージや指圧で回復を促すこともできます。

ピンポイントでの「つぼ」や抹消神経が集まっている一定の範囲「ゾーン」「反射区」と言われている所を刺激することによって、その場所に対応する臓器の血行が良くなり、新陳代謝の向上や不快症状の軽減などの効果が得られるというのが、足つぼの原理です。

次へ>>

 

Copyright 足つぼマッサージ健康法