足つぼ

足つぼの基本的な注意点
足つぼの効果的なマッサージの仕方
足つぼの探し方のポイント

足つぼの辞典

足つぼの歴史

足についての雑学

当サイトについて

当サイトは足つぼの専門サイトです。足つぼ情報の総合サイトです。足の痛みの箇所から体の悪い部分を知る方法や、全身つぼを検索するシステムなどを提供しております。

健康管理のひとつの方法として、これからも足つぼマッサージの文化を広げるために頑張っていきたいと思います。

足つぼマッサージ健康法   管理人



 

下痢の時に効く足つぼ

右の赤い部分は下痢の時に効果のあるつぼです。

 

押した後は揉んでください。「押す→揉む」を十分程度何度か繰り返しましょう。

 

各結腸ゾーンから直腸ゾーン・小腸ゾーンに刺激を与えて下さい。

 

リラックス出来る環境で足もみを行うようにしましょう。

 

足全体をやさしく揉んでください。また、ふくらはぎも軽く揉んでおきましょう。

 

足もみ後、体温程度にあたためた水を500mlほど飲んでください。

 

短期で終わってしまってはなかなか効果が出ないので、定期的に行うようにしましょう。

下痢
下痢

下痢の原因を探す

ストレスがたまっている。トイレからでた後もなんとなくすっきりしない。

→過敏性大腸症候群の可能性があります。(もっと知る)

発熱や血便、体重の減少などを伴う原因不明の下痢がある。

→炎症性腸疾患の可能性があります。(もっと知る)

全身に脱力感があり、圧迫感がある。黄疸が見られる。

→急性肝炎の可能性があります。(もっと知る)

発展途上国から帰国してきた。状態が良くない食べ物を食べた。

→細菌感染による下痢の可能性があります。(もっと知る)

抗生物質を飲んだ。

→薬剤性腸炎の可能性があります。(もっと知る)

管理人のひとことメモ

慢性的な下痢は心因性が考えられますが、良い腸内細菌を失うことになります。
常温のリンゴをおろして食べると腸の正常化につながります。
又ゲンノショウコなども下痢には良いとされています。

最近はストレスから来る下痢を訴える方が非常に多くなっています。規則正しい生活と適当な息抜きを心がけてください。また、5日以上続く下痢や血便があったときは医者に相談した方が良いでしょう。

水分を定期的にしっかり取りましょう。しかし、牛乳・コーヒーは避けたほうが賢明です(特に牛乳の異種タンパク成分は最近健康への悪影響が指摘されているので控えた方が良いかもしれません。

また、ウォーキングなど適度な運動を心がけましょう。腹痛に関しては漢方薬も非常に有効です。

 

Copyright 足つぼマッサージ健康法