足つぼ

足つぼの基本的な注意点
足つぼの効果的なマッサージの仕方
足つぼの探し方のポイント

足つぼの辞典

足つぼの歴史

足についての雑学

当サイトについて

当サイトは足つぼの専門サイトです。足つぼ情報の総合サイトです。足の痛みの箇所から体の悪い部分を知る方法や、全身つぼを検索するシステムなどを提供しております。

健康管理のひとつの方法として、これからも足つぼマッサージの文化を広げるために頑張っていきたいと思います。

足つぼマッサージ健康法   管理人



 

高血圧・低血圧・冷え症に効く足つぼ

右の赤い部分は高血圧・低血圧に効果のある足つぼです。

 

最初は優しく、その後力を加えてゆっくりと揉んでいきましょう。

 

首のゾーンから始め、腎臓・副腎・太陽神経叢の各ゾーンを刺激します。

 

足の親指も軽くマッサージしておきましょう。

 

足もみ後にはきちんと水分を摂るようにしましょう。

高血圧

高血圧・低血圧の原因を探す

高血圧・低血圧ともに、正常な血圧を維持するという考え方になります。

肥満型の人に多いので、まずは体重を減らす為に食事の見直しが大切。 肥満・飲酒・喫煙など、生活習慣が原因と思われる場合。

→本態性高血圧症の可能性があります。(もっと知る)
腎臓・心臓・血管などに病気を持っている。34歳以下である。

→二次性高血圧症の可能性があります。(もっと知る)

低血圧は大きな病気につながることがほとんど無く、目立った症状が無ければさほど気にすることはありません。女性の半分以上が低血圧だといわれているのでこのコーナーでとりあげさせていただきました。

基本的には腎機能を高めて、疲れにくく、朝起きも苦にならなくする事が大切。

管理人のひとことメモ

血圧が知らない間に上がっている場合もあり、気付いたときには命がおびやかされているケースもあります。ひどい肩こりや頭痛を感じたときには高血圧の可能性を疑ってみてください。

高血圧は過剰な塩分摂取・飲酒(日本酒1合以上)喫煙・肥満などによっておこります。まず基本的な食生活を見直してください。

また、ストレスや過剰な肉体労働によっても発生するので、心身両面からのリラックスを考えてみてください。過労で高血圧が起こった方は仕事量を減らすようにしましょう。当然ですが仕事よりも命の方が大切です。

ウォーキングの習慣をつけ、飲酒量を控えてください。バランスよくビタミン、ミネラルをとるのも大切です(腎臓病もかかえている方はカリウム摂取を控えめにした方がいいでしょう)桑の茶葉や大豆の酢漬けも効果があります。

高血圧は動脈硬化とも深く関係し、心臓病や脳出血などの脳血管障害の原因になります。
足をよく使う事が最初の解決策になります。

桑の葉茶や大豆の酢漬けもいいと言われています。

低血圧については、
腎機能を初めとするからだの各部分を活性化させるために、適度な運動をして体を活性化させてください。また、人ごみや強烈な直射日光を浴びるような場所は避けたほうがいいかもしれません。

睡眠時に枕等で頭部をやや高くし、血圧を維持してください。水分の十分な摂取やコーヒー・ハチミツ、緑黄色野菜なども効果があるようです。

低血圧は若い女性ややせ形の筋肉の少ない人に多く、寝起きが悪い、だるい、疲れやすい等の症状がでます。

高血圧と同じで血圧を正常値にするには、足をよく使う事が最初の解決策になります。

 

また、冷え症も腎臓・脾臓・甲状腺の各ゾーンを中心で、同じ場所に刺激を与える感じになります。

冷え性の原因は体内に血が滞っている状態、すなわち血行不良が一番の原因で、自律神経の機能が低下につながると思われます。

 

冷え性には漢方薬がよく効きます。具体的には十全大補湯・婦宝当帰膠・参茸補血丸などです。

女性に冷え性が多いのは自律神経の働きやホルモンバランスを崩しやすい為で末梢血管が収縮しやすい為に起こると考えられています。 足全体をよくマッサージする事や今流行の「生姜」等の摂取も効果的です。

イチョウ葉やビタミンEも冷え性対策に良いとされてます。


 

Copyright 足つぼマッサージ健康法